てくてく館 コンフォートタカヤ
店舗案内 サービスプラン ご活用事例 トピックス ブログ リンク集
ご連絡 通信販売
トップページ トピックス
足から健康を考える
インソール作成体験
足とカラダの診断体験
足の障害(その2)
足の障害(その1)
足のしくみ
SIDAS社インソール研修
足のしくみ
足の構造と役割
二足歩行をする人間にとって、足は唯一地面に接する部分のため、その動きは全身に大きな影響を与えています。

足には両足で56個の骨があります。 身体全体で206個ですから、なんと1/4の骨が足に集中し、大変複雑な動きを可能にしています。

■足の重要な機能

1. しっかりした支持面(土台)を形成する
2. 衝撃の吸収
3. 歩くとき、蹴り出す際のテコとなる

これらの機能をはたすため、足には3つのアーチが存在します。

3つのアーチ
内側のアーチを「土踏まず」と呼び、アーチがつぶれた足を「扁平足」と呼んでいます。

また外側のアーチ、親指の付け根と小指の付け根を結ぶ横アーチがあり、それぞれがバランスをとり身体を支えています。

通常の歩行ではカカトから地面に接し、次に足全体で体重を支え、そしてつま先で蹴り出すという運動をしています。

シューズの外側が減るのは普通のこと。

その逆で内側が減っているようであれば足に問題がある可能性も考えられます。
足と身体にはどんな関係があるの?
足の機能が全身のその他の関節に大きな影響を与えることがあります。

足は身体全体の土台の役割を担うため、少しの変化が膝、股関節、骨盤、脊髄、肩などの関節の動きや位置などに影響を及ぼします。

実際に運動時、足の動きや体重のかけ方などに異常が生じると、膝、股関節、骨盤の異常が起こることが少なくありません。

また、膝や股関節、腰に障害を持っている人に偏平足や外反母趾、ハイアーチなどの足部の異常が認められるケースが多いのも、足と身体全体が相互に関連し合っているからなのです。

■成長痛との違いは?
成長期には骨の伸びが盛んで、筋、腱、靭帯が緊張しやすい時期です。

発育期特有の障害として、骨の成長に筋肉の成長が伴わないため、筋肉が引っ張られた緊張状態になることがあります。

これに加え、子どもたちは(部活等の)過度な練習により、身体の同一部分や膝などのストレスが反復された結果、思わぬ障害となるわけです。


Vision 10月号「足と靴とインソールの話」より引用
協力 : Vision つくばFC
このページの上へ
COMFORT TAKAYA All Right Reserved